お金を借りるときに気になるのが、「返せなくなったらどうしよう」ということでしょう。ドラマのように取り立て人が怒鳴り込んでくる、ということは今どきありませんが、返さないとどんどん遅延損害金などで返済金額が増えてしまうので、早めに対処することが必要になります。

消費者金融への滞納したときの流れ

返済期日までに返済がないと、まずは携帯電話に電話がかかってきます。それでも返済をしなかったり、電話がつながらなかったりすると、葉書や封書による督促状が届きます。実際に、返済をウッカリしている人もいるので、この段階で返済を行なえば、遅延損害金はプラスされるものの、特に問題はありません。

それでも返済が行われない場合は、消費者金融などの社員が訪問して、返済計画書や、これ以上遅延はしないという誓約書を書かされることが多いです。こうした電話や訪問は、勤務先にしてはいけないことになっているので、勤務先に借金がばれるという心配はありませんが、早く返済するに越したことはないでしょう。

それでも返済をしなかった場合、遅延してから約2ヵ月たったり、3回連続の遅延などがあると、いわゆるブラックリストに登録されます。これは、金融機関が共有している信用情報に遅延などの事故情報が掲載されるということで、こうなると新しくクレジットカードを作れなくなったり、お金を借りたりすることが出来なくなります。当然住宅ローンなども組むことができません。

さらに延滞が続くと、一括返済を迫られるか、裁判を起こされて給料の差し止めが行われることになります。裁判所により、預貯金はもちろん、不動産などの財産も差し押さえの対象になるので、注意しましょう。また、取り立ての時点では勤務先への連絡は禁じられているため職場に借金が知れることはありませんが、給料の差し押さえになるとさすがに連絡がいくので、もう隠すことはできません。

返済が遅れそうなときは消費者金融へ連絡を

強面のお兄さんが怒鳴り込んできたり、といった無茶な取り立ては、今どきありません。職場への電話はもちろん、自宅への電話すら、申し込み時に「自宅可」にしておかないとかかってこないし、1人暮らしでない限り、自宅への訪問をされることもないでしょう。

しかし、延滞を引き延ばしても何のメリットもないので、早めの対処がおすすめです。返済が遅れそうなら、自分から連絡して、遅れる理由や、いつまでに入金する、といったことをきちんと伝えることで、心証もよくなりますし、貸した金融機関も返済されないと困るので、相談すれば返済計画の見直しも一緒にやってもらえます。遅れたからといって、逃げたり連絡を絶つのは最もよくない方法です。