カードでキャッシングできるということで、消費者金融とクレジットカードの違いがよくわからないという人もいるでしょう。そこで、その違いについて見ていきましょう。

申し込める年齢の違い

消費者金融に借入を申し込めるのは、満20歳以上の人だけです。一方、クレジットカードは18歳以上なら申し込める種類があります。

こう見ると、クレジットカードだと未成年でもキャッシングが利用できるように思えますが、実際は安定した収入がないと利用できないため、クレジットカードでも20歳未満の人はキャッシング機能は利用できないことが多いでしょう。

審査の厳しさの違い

消費者金融もクレジットカードも、申し込んだ人の返済能力などを審査して利用可否を判断します。そのため、年齢がいくつでも無職で収入がない人では、どちらに申し込んでも審査に通ることはありません。

ただ、ある程度の収入がある人なら消費者金融の方が審査に通りやすいと言えるでしょう。ただし、これはキャッシングに限ったことです。キャッシング機能を付けずショッピングだけにクレジットカードを使用するのであれば、消費者金融の審査に通らないような低収入の人でも利用できるカードは多いでしょう。

限度額の違い

消費者金融もクレジットカードも、キャッシングの金利は上限が約18%とほぼ同じです。ただ、借入限度額については、クレジットカードが100~150万円なのに対して、消費者金融は500~800万円ほど可能な業者もあります。

ただし、総量規制があるので、限度額の高い消費者金融業者を選んだからといって、その上限額まで利用できることはほとんどないことに注意してください。